「ギタリスト」としてのミニマムな演奏スタイル。ひとりで弾きます。
CD
  2004年『タンゴとギター/飯泉昌宏ソロギター
  2005年『タンゴとギター2./飯泉昌宏ソロギター
譜面集
  2000年『ギター2重奏のためのタンゴ曲集 .1
  2003年『ギターソロのためのアルゼンチン・タンゴ名曲集
歴史とコンセプト
★奏法の歴史
 ・1985年 「自由自在に自分の音を出すジャズをやりたい」と思ったところから、ギター歴が本格的に始まりました。最初は、ピック弾きでした。
 ・1992年 メロディと伴奏を同時に弾けるクラシック奏法(指弾き)に可能性を感じ、勉強をはじめました。
 ・1995年 クラシック奏法に完全移行。
 ・以後、ソロギター編曲も本格的に開始し、レパートリーをひとつずつ増やし、2001年11月からギター1本だけの演奏活動もはじめました。
 ・2010年1月現在、レパートリーは40曲ほど。

★レパートリー
 アルゼンチン・タンゴ、オリジナル曲、中南米の歌曲。

★タンゴについて
 タンゴには、アルゼンチン・タンゴとコンチネンタル・タンゴがあります。
 わたしのレパートリーはアルゼンチン・タンゴのみです。コンチネンタル・タンゴには関心がないので演奏することは一生ないでしょう。
 アルゼンチン・タンゴの一番の特徴は、独特のビートの伸び縮みを伴うメロディの歌いまわし方(フレージング)にあると思います。
 なので、演奏するために楽器の種類の制約はあまりなく、西洋的な楽器でさえあればなんでも使えます。ピック弾きエレクトリックギターの旋律線だけでタンゴにすることも可能です。
 以上の認識をふまえ、ジャズの哲学も交え、ギターの魅力とタンゴのメロディの魅力が溶けあったような演奏がしていきたい、と思っています。

★タンゴのアレンジ、ギターのアレンジ
 タンゴの伝統的魅力のひとつに、「スタンダードナンバーをプレイヤーそれぞれの考えによるユニークな編曲で演奏する」 というのがあります。わたしもそこに共感し、全て、自分で編曲しています。

 わたしのギター用編曲には、独自性の高いもの(リベルタンゴやエル・チョクロなど)、先達の影響をかなり受けているもの (シルバンドとか)、大編成アレンジからの移しかえ(ノスタルヒコとか)と、いろいろあります。
 目指すところは、オリジナリティと伝統のほどよい融合の実現ですが、大きい編成用のアレンジをコピーしてソロギター用に圧縮アレンジするだけでも、それなりの苦労はあり、演奏してみるとまたオリジナルとは違う味わいもあったりするので、意味はあると思います。
 勉強もかねてクラシック・ギター的ポリフォニックな手法を意識して使っていた時期もありましたが、最近は、即興性と構築美のバランスのとれた、のびのびした(実用的)編曲を心掛けています。

★オリジナル曲
 自分のメロディも演奏します。音楽家としては自作曲がもっとも個性や才能を発揮できるところであります。

★フォルクローレ
 ソロギターで演奏するのに相応しいメロディの曲を選んで弾いてます。
「タンゴギター奏者がメロディを弾いているフォルクローレっていうのもいいもんでしょ?」というのがコンセプトです。アニバル・アリアスからの感化です。

★歌の伴奏など
 ソロギターではないのですが、ギター1本での歌の伴奏も大好きで機会があればやっています。間奏部分などは当然ソロギター状態になります。(2010年1月8日 改訂)

閉じる Copyright (C) 2004-2010 BORDONA. All Rights Reserved.