HOME Profile | ライブ 演奏活動 | CD CD販売 | 楽譜 ギター教室 | 感想&ニュース ボルドーナ音楽研究所
       
◆「Estranha forma de vida」 (Expresso 2008年4月25日発行)掲載記事より
2007年12月9日の浦和でのファド・コンサート(月田秀子さん、高柳TAKUさん)のもようがポルトガルの週刊誌「expresso」に、掲載されました。なんと当研究所・研究員の姿もさりげなく写ってます!

pdfファイル(acrobat readerが必要です):

「IMG.pdf」をダウンロード
「IMG_0001.pdf」をダウンロード
「IMG_0002.pdf」をダウンロード
「IMG_0003.pdf」をダウンロード  

         
◆CD「タンゴとギター2./飯泉昌宏ソロ」CD評
飯泉氏から新作、邦名「タンゴとギター2」、アルバム名「MIS CANCIONES PREFERIDAS Y MI GUITARRA」が送られて来た。

昔なら、レコード盤に「針を落とす」であるが、近年は、テキトーにラジカセのスイッチを押すだけである。

押すだけ、、と言っても大昔の画期的開発とされた「象印」のポット(旧、魔法ビン)のコマーシャル、「押すだけ!」くらいの気軽さはない。

あれこれの雑事を終え、1分間の黙想を経て、今だ!とばかり「クワァ!」と目を見開いて、ラジカセの「CD」という箇所を念入りに「押すだけ」である。(まあ、たまには、ママレモンを片手に持って洗い物中であったりはする、、、。)

その象印のポットのコマーシャルも「押すだけ」というのがキーワードではあったが、この際、そういう事は、本当にど〜でもよい話しではある。

「えい!」とばかりボタンを押すだけで、現代は、様々な世界旅行ができる。すると突然、「えっ?」と思うような「風」の一陣が吹いて来た。

風は、フフフ、もう始まってますよ!、、と告げた。

気合いを入れて聴こうと思ったわりには、その音楽は突然、始まっていた。ちょっと気合いの入れ損で肩透かしをくらった。

さあ!今日からアルゼンチン旅行だあ〜!と力んでいたら、いきなり、現地の音が聴こえて来た。 那覇空港で聴く「沖縄民謡」ではない。突然、自分がそこの住人になってしまった。「歓迎会」もいらない。

おまえさあ、どっから来たのかは、どーでもいいけど、取りあえず火曜日は空いているか、と聞かれた感じ。あそこにさぁ、坂道があるだろ、その側に居酒屋があるんだよ、取り合えず、そこで呑もうや、と言う事になったらしい。

よくわからないが、現地人に知り合いができたのでその「呑み屋」に行って、しばらく共に呑んでいると「オレはさあ、何時か、この土地を出て暮したいんだよ!」と言っている。だからおまえに声をかけたんだ、と言う。

そ、そんな事言われても、自分は、今日、来たばっかしなんだよ、それに、この土地が昔から好きで色んな「想い」があってやって来たんだよ、とは言いそびれてしまったんだと思う。

すると、突然、案内人の現地の「友人」が呑み潰れてしまった。しかし連れて来られたこの店のママも他の常連さんに掛りっ切りだ。しょうがないので、あたりを見渡すと小さなステージにギターが立て掛けてあった。ママは、他の常連さん相手に夢中だ。

さてと、しょうがないからと、酔ったついでに、ステージに上がり、置いてあったギターを弾き出すわけだ。

このCDに流れる世界は、「日常」だ。 誰も気付かなかった、その土地の「日常」を愛した外国人がいる、という事だ。

大昔、タンゴのアレンジをするという70台の老人が北海道に流れついて、その土地でタンゴのビッグバンドを結成して余生を終えた、というNHKか民放かのテレビを見た。当時、20代だったか、30代だったかはこの際どうでも良い。

しかし、その老人の死後、500曲余りとなるビッグバンド.アレンジの「タンゴ」の曲の譜面が発見された。老人は、はるばるアルゼンチンから北海道へやって来て、その死に場所を見つけたのだ。

ここにある飯泉氏の「音」は、「普通」に日々を生き、ギターを愛する現地の「タンゴの人」となっている。

散歩した街々が、まるでその音楽と共に歩んだかのような気分である。

私自身は、生まれてこの方、海外旅行を全くした事がないまま年老いた、というのに。

気になるのは、自分は、どこの土地へ行ってもミュージシャンなのかな、という事だけである。 その土地土地、数々の腕自慢を見せつけられても、その後に黙って自分の音楽を奏でる事ができるのかな、という事だけに関心があった時代がある。

飯泉昌宏という男は、(あ〜、、別に女でもいいんだけど、)、、、色んなものを「観察」し呑み込んで、今があるのだなあ、、と思う。

すっかり自分も呑み込まれちゃったなあ、と長らく闘った、音楽と言うものから離れ、ボ〜と日々を生きているとなんだかとてもなつかしく、やさしい風がしばしの時を潤してくれる。

曲中の「口笛」が、その日常性を物語っていると思う。

このCDは、なぜか、アルゼンチンを「散歩」していたら、ふっと目にして入って見た現地の中古CD屋で、何気なく見つけた古い安価のCDのような匂いががする。

凄げぇなあ、、やっぱり本物は違うわぁ、とその日、つぶやいて寝る事だろう。

これからの人生を生きて行く日々の中で、いつでもこの音楽に手を伸ばす事ができる、という事の「幸せ」を感じつつも、一つ一つ、非常に「個的」な由縁があって自分自身のCD、レコード.ライブラリー群として所有されているんだなあ、とたまに、一切の音もないまま、深夜、それらを眺める事がある。

このCDもまた、その1枚に加わったんだなあ、と時折、その「想い」を思い出し、触れる事だろう。そんな1枚の「音」の缶詰、、だと思う。

スポーツの世界では、これを「殿堂入り」と言うんだっけか。世界に誇る、自分だけのライブラリーである。

もし、ここを訪れる者がいれば、次から次へと誰も知らなかった極上の音楽を聴かせてもてなして上げよう。

たとえ、オレも私もあたいもおいらも、、と、「ありのまま」の自分をアピールする者が勝ち、、、の「今」の時代に生きる人であっても、時折、そういう事を秘かに誇ってもいいんじゃないか、とは思う。

これは、そうした時代の中、日々、静かに、静かに、自分という人間と対峙し、その存在意義を自分自身に問い続けながら、丹念に編まれた「極上」の音楽の一つ、、だと思う。

ともかくまあ、「殿堂入り」したわけであるから、時折、訪れ、その世界を味わおうと思っている。

(ギタリスト友寄 隆哉さんの日記(2005年11/16)より御本人に許可をいただいて転載)  

 
           
◆CD「タンゴとギター/飯泉昌宏ソロ」
CD「タンゴとギター」の5曲め、「海へゆこう」が江ノ電のCM(オールシーズン版)で使用されています。
 ・小田急新宿駅シアターステーションで2005年10月下旬から  
 ・江ノ電の藤沢駅鎌倉駅では2005年11月下旬から
             
「タンゴとギター/飯泉昌宏ソロ」
季刊『オーディオアクセサリー』誌(2004年秋号) 「今季の最新推薦ディスク9タイトル」(P331)の一枚に選んでいただきました。
「情感溢れる演奏に、独創的な編曲に即興演奏も交えた”ギタリスト”としての多彩な演奏を存分に味わえる一枚」(編集部)
           
◆CD「タンゴとギター/飯泉昌宏ソロ」感想
こんにちは

新CD、もうかなり聴きました。

私は既に飯泉ビートに慣れてしまっていたのだと思うんだけれど、それで、聴きはじめにはあまり分からなかったと思うんだけれど、やはり、きっとこれは、かなり個性的なタンゴですね。

いやタンゴというより、もはや、ワン&オンリーの飯泉ビートかもしれない。少なくとも、その方角に向いているのでしょう。

いろんなものが、その人の中で混じって醸成が行われて、そして他にはどこにもないその人の音楽になっているという、いつも、そういったものが、私は好きです。(もちろん、ピアソラがその最たるもの)

  ・・・・と、最近になってやっと分かってきました。
  鑑賞者も、だんだんと自分を発見していくんですね。

「エル・アランケ」みたいな若い楽団を聴いても、なんというのかな、あれは「継承」でしょう。継承は大切だけれど、あまりわくわくはしません。

アニバル・トロイロも、プグリエーセも、ダリエンソも、みんな好き。少しも古くなくて、いつ聴いてもわくわくしますね。それは、それぞれの時代の中で、「継承」ではなくて、新たな何ものかだったから、生きていたから、でしょう。

ぜひ、そういうものを探し続けてください。

最初のCDの、ピアソラとは思えないピアソラを聴いた時から、おそらく「自分」しかやらない頑固者なんだなと感じていました。できたらあのピアソラも、頑固に何年でも続けて欲しいですね。
でもあれはそれぞれの活動があるからきっと難しいのでしょう。頑固者には頑固にしつこく継続可能な「ひとり活動」が貴重ですね。

そのうち、ナマで聴きに行きたいです。でも今年はダメかもだし、どうか、しつこくやってくださいね。

リベルタンゴ、やはりカッコいいです。
なつのなかさん 2004年5月12日)
 

           
◆CD「夢/飯泉昌宏バンド」「タンゴとギター/飯泉昌宏ソロ」感想
「夢」の中の「海へゆこう」を聞いていると、私も子どもの頃を思い出します。
今時分の季節は、潮干狩り。
電車の窓から木立の間に海が見えると、小さい子って必ず 「あ、海だ!お父さん、海!」と声をあげるんですよね。
砂浜におりて貝をとって、それに飽きるとひとり波打ち際で遊び始めるんですが、 はるか水平線にぼんやり船が浮かんでるのが見える。
あれはいったいどこなんだろう?
波に足元をすくわれそうな不安を感じると、あわてて父親の姿を探したり・・・・
懐かしくてちょっと切なくて心細くて、でも優しくて。
そんな思いで全編聞きました。
ボーカルの女性の声もじわ〜っと心地よいですね。

タンゴのほうは、こういうのを私待っていました!
(いや、飯泉さんは以前からやってらして、 ようやく私が今たどりついた、というのが正確ですが)

やたらドラマチックで迫力あれども余韻ナシの体育会系ピアソラとか、 情緒てんめんすぎる古典タンゴとか、乗りきれないミロンガとか・・・ こちらの気持ちに今ひとつしっくりこない演奏をいくつか聞いてきました。
「どうだ、ウマイだろう?」みたいな演奏を聞かされると、 うまいけど全部同じに聞こえておもしろくない、とつい逆らいたくなったり。

飯泉さんのギターの音色は、淡々として聞こえるんだけど、 曲の美しさ、曲の世界が持つ情感をたっぷり味わうことができました。
「嘘つき女」は久しぶりに聞きましたが、いいですね!
「ダンサリン」は特に好きな曲なので、 実は封をあけて一番最初に聞いたのです。
こんなに素敵な曲になって、うれしいです。
(名古屋市 H・Mさん 2004年5月6日)
 

             
◆ライブ・レヴュー
『2004年 2/3(火)新宿ピットン・昼の部 飯泉昌宏バンド』のライブ・レヴューが月刊『ラティーナ』誌(2004年3月号)に掲載されました。
「昨年リリースされた『夢』というアルバムを聴いて、飯泉昌宏の音楽に何らかの変化が訪れているのを感じた。7弦ギターを通してピアソラや中南米音楽に超がつくほど地道に取り組んできた飯泉昌宏だが、『夢』にはこれまでにない明るい色合いや音の躍動があった。もう少しで突き抜ける予感あり。」(79ページの”EVENTO”欄、森田純一さんのレビューの冒頭より引用)
             
◆CD「夢/飯泉昌宏バンド」
季刊『オーディオアクセサリー』誌(2004年春号) 「今季の最新推薦ディスク9タイトル」(P315)の一枚に選んでいただきました。
「飯泉の作る小憎らしいメロディー。ゆったりとうねる練りこまれたリズム。 矢野祐子の詞も歌も、バンドの個性を構築する大きな要素となっていて、気が付いたら愛聴盤になっていた。」(小林洋一さん)
           
◆CD「夢/飯泉昌宏バンド」
月刊『CDジャーナル』誌(2004年2月号) P70で、森田純一さんに「105人が選ぶ2003年私のBEST5」の一枚に選んでいただきました。
『飯泉昌宏は長くジャズやピアソラ音楽に取り組んできたギタリスト。 中南米音楽のリズムやムードを巧みに取り入れ、オリジナルへと昇華した「夢」で真の出発点を見い出した。』
 同じ号のp202、新譜案内にも「夢」が載ってます。なんでだか”イージーリスニング”に分類されてます。
           
◆ギタリスト 友寄 隆哉さんとのメールのやりとりの一部(ご本人に許可を得て掲載)
『あの「夢」のアルバムの中で、特に、歌の作曲と作詞と声がとても気に入ってます。』

”ありがとうございます。実際、歌がはいるとすごくいいバンドなんです。 そういうのに向いているというか。 持ち味でしょうね。”

『向いていると思いますよ。実際にやりたい事とは別にして! そうですねぇ、昔、「四人囃子」ってプログレバンドがあった。そこでも独特な歌があった。まあ、沖縄のアイドルグループの「スピード」かなんかで、今だ、サバイバルしている者もいますけどね。あそこでの歌は、ちょっと独特だったですね。いわゆる、「ボーカル」、、、じゃあなくて。

中学生の頃かな。日本のロックを色々聴いたのは。あの、女版って感じもあります。今、ふと思っただけですけどね。

歌唱力が、何か、普通っぽいですよね。メロディ、と詞の作品性の高さとは別にですね。それが、何か、演奏で職人的なものを「嗜好」している感じと合うんですね。演奏が、より「匿名」性に向かっている分、歌が、「個」の原点を示しているんですね。それがなぜ「お仕事」的にならず、バンド性があるか、と言えば、やはり、出所は、同じ「スピリッツ」だからなんですね。アントニオ・カルロス・ジョビンとアストラッド・ジルベルトですかね。

つまらん即興演奏聴いているよりずっといいですよ。

自分たちを、「三文オペラ」あるいは、ストラビンスキーが、地方回りの楽団として 編成した、「兵士の歌」ですか、、あんな小編成の「楽団」と思えばいい。

貴重なアレンジ譜ですよね。小編成の。』(2004年1月15日)  

           
◆CD「夢/飯泉昌宏バンド」感想
「CDとってもいいー!」です。
ある種のラテンファンなら密かに分かる(!)下味が、ナチュラルに効いていて、非常に美味です。
 楽しそうな感じも伝わるし。
なつのなかさん 2003年12月27日)
 
           
◆CD「夢/飯泉昌宏バンド」
CD「夢」の3曲め、「海へゆこう」が江ノ電のCMで使用されました。
 ・江ノ電線の藤沢駅と鎌倉駅のウエーブビジョンで2004年1月5日ころより(7時〜23時)
 ・小田急電鉄線の新宿駅西口地下のシアターステイションで2004年2月16日(火)より二ヶ月間ほど(7時〜21時)放映されました。
           
◆CD「夢/飯泉昌宏バンド」
CD「夢」が月刊『YOUNG GUITAR』誌(2004年2月号 Vol.500)で紹介されました。176ページの”YG最長寿連載:モリジュンの音外漫遊記”で紹介していただきました。
「これまで必死にクラシックや中南米音楽を血肉化してきたギタリスト飯泉昌宏の新しいメルクマールとなるだろう。」
お問い合わせメール
Copyright (C) 2004-2010 BORDONA. All Rights Reserved.