ギターの演奏は、練習を重ね、身体と頭、五感全てを使って身につけていく「技能系」の種目です。そういう意味ではスポーツと同じです。わたしは、基本的な原理原則はみんなに同じように教えてますが、それ以外は、生徒さんの嗜好や資質に応じたレッスンの進め方をしています。技能を身につけるには、本人のやる気が第一だからです。以下はそのいくつかの例です。
 
☆ Iさん
 「ずっとギターを弾きたかったが、ここまでやらずに来てしまった。60才ですが、いまからでもできるでしょうか?」「思いたった時に始めてみたらいかがですか?それなりに弾けるようになりますよ」ということで、うちにいらっしゃるようになりました。
 1册目のテキストをやりながら、好きな曲のメロディを弾く、わたしと一緒にあわせてみるというレッスンを続けてます。
 「ギターの音を鳴らすだけで、幸せな気分になる」とおっしゃいます。何よりです。メロディはかなり弾けるようになってきたので、和音をおさえて伴奏できるようになるというのが、目下の目標。
 
☆ Yさん
「好きなボサノバの曲を自分好みに編曲して演奏したい。」というのが目標です。
 うちに通いはじめた当初からかなり弾ける人でしたので、技術に関しては、”基礎技術再構築”と”リズムのとらえかたを身につける”が主なレッスン内容でした。
 ここ1年ほどは、技術のレッスン以外に”理論、編曲の実際”に関するレッスンを続けてきました。創造の領域に踏み込んだわけですが、実行力が素晴らしくある人で、最近、1曲めのソロギター編曲ができました。
 「演奏」「編曲」にオリジナリティを求めるには、知識を身体化し、具体化する辛抱強さが必要です。誰もができることではない(これまで、わたしの生徒でここまでやれる人はいなかった)ですが、思いがあればできるということなのだな、とあらためて思います。
 
☆ 主婦Tさん
「ギターを弾きたかったけど、習うキッカケがなかったんです」ということでしたが、子供つながりが縁で教えることになりました。
 全くのゼロからスタートして、3年近くかかって初歩の教本を修了。いま2册めに取りくんでます。
「毎日5分練習することにしてます。でも、最近、5分では足りないと思うようになりました。」
と言いますが、シンプルなソロギターなら弾けるようになりました。
 毎日、5分でもアドバイスを守って素直に練習してると、ここまで弾けるようになるんだな! とわたし自身が教えられます。
 主婦は忙しいからね〜。そんな中、毎日5分の練習を続けるというのは立派な心掛けだと思う。 大事なのは、「心掛けて」「継続する」ことだと思います。
 自立してひとりでも楽しめるようになるまで、是非、レッスンを続けてほしい。
 生徒の鑑のような人です。
 
☆ 会社員Fさん
先日、転勤の都合で教室をやめましたが、2年くらい通ってくれました。
ギターが好きで、「キャロル・キングのYou've got a friendをソロで弾けるようになりたい」という夢がありました。

 レッスンの経過は以下のとおり。

1. 右手、左手のあるべき姿について伝える。そのための基礎練習の方法を伝える。
2. ビートとリズムについて、毎回レクチャー。
3. You've got a friendの二重奏バージョン、ソロバージョンを用意。参考CDR提供。(編曲、演奏:飯泉)
4. メロディを練習。この時期から曲の練習と基礎技術の練習をかねるようにしました。
5. 伴奏を練習。
6. 二重奏がかなりできるようになってきたところで、ソロバージョン練習開始。
7. 転勤まぎわまでがんばって、現在もっている基礎技術の範囲なら上出来!なのではないかというところまで弾けるようになりました。

 最後に聴かせてくれたYou've got a friendは、仕事で忙しい中、好きな曲を弾くために少しずつ 練習を続けた、というところが、すごくよく伝わる演奏で泣けました。

 「もう少し継続して基礎固めとレパートリーの拡充をしたかったね。こっちに来るときにでもまた寄ってね。」 ということで最終回のレッスンは終了。とにかく、よくやったと思います。

 
 
閉じる Copyright (C) 2004、2005 BORDONA. All Rights Reserved.