1995年〜2006年
メンバー
  飯泉昌宏(7弦guitar ,作・編曲)
  渡邊英一(Electric guitar)
  佐藤真司(drums)
  矢野祐子(Vocal、作詞)
CD
  1999年 CD『アストル・ピアソラの音楽
  2003年 CD『 夢 

歴史とコンセプト
★「第1期」1995年5月〜2000年6月
 飯泉昌宏バンドの母体は、飯泉+佐藤真司(dr)でした。1995年初頭まで、集団即興的表現の可能性を求めて、いろいろな人とセッション的な演奏活動をしていましたが、その中でアストル・ピアソラの作品をしばしば演奏するようになりました。
そして、
  ・即興演奏のルールとしての求心力をピアソラの作品にもとめる
  ・ギターの様々な奏法を生かした編曲とグルーブするジャズ・アンサンブルを両立させるなどの最初のコンセプトを掲げて、1995年5月に現在のメンバーに固定しました。
 メンバーの個性や楽器の編成、コンセプトにあうアレンジはどういうものか?われわれのアイデンティティである即興演奏はどういう局面で有効なのか?などさんざん試行錯誤した成果として、1999年10月、CD『アストル・ピアソラの音楽』を発表。
 ◯ ギターミュージックの可能性と課題
 ◯ ピアソラの作品をわれわれが演奏することの意義
を確認できたことが、ここまでの活動の大きな成果でした。
★「第2期」2000年7月〜2003年12月
 第1期の「求心力をピアソラの作品にもとめる」という部分を建設的な方向に展開し、「南米の文化である”リズムと形式”に求心力をもとめる」と、コンセプトを修正しました。
「ギターを媒介に、ジャズ、タンゴ、フォルクローレが混じったような十字路的な性格の音楽を作り、その中に当初の理想をより強く投影しよう」と考えたわけです。
 成果として、2003年8月、オリジナル作品集CD『 夢 』を録音、10月21日発表。
 前作から4年。まるでオリンピックのようですが、実際、あいまいでない成果を出していくには、このくらいかかるのです。
★「第3期」2004年1月〜2006年
 第2期のコンセプトに加え
「”メロディ自体”に求心力をもとめる」ことを意識して実践してきました。
 これは、実は、CD「夢」の制作途上で、強く意識するようになったことです。2006年夏以降活動休止。
閉じる Copyright (C) 2004 BORDONA. All Rights Reserved.